北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「裕次郎」マンホール机に 有田さん思い結実【帯広】

「毎日眺めては元気をもらっています」。マンホールに手を置き、いとおしそうに話す有田さん

 帯広市内の有田みよ子さん(75)の自宅に、重さ約100キロのテーブルがある。小樽市の「石原裕次郎記念館」(2017年8月閉館)の敷地内にあったマンホールを有田さんが譲り受け、加工した後、テーブルとして使っている。ファンとして60年以上、石原裕次郎に心を寄せてきた有田さんの“究極のグッズ”となり、毎日元気をもらっている。

 昭和を代表する俳優・裕次郎との出会いは有田さんが中学生の頃。主演映画「俺は待ってるぜ」を見て一気にとりこになった。以来、出演作品や楽曲には欠かさず触れ、のめり込んだ。「“どこが”というよりも全てが好き。そこに理屈はない」と熱く語る。

 グッズ収集はしていなかった有田さんだが、1987年に裕次郎が亡くなり、思い出を手元に残したいと集めるようになった。裕次郎最後のファンサービスとも言われた、東京・国立競技場での二十三回忌にも足を運んだ。現在自宅には、イベントで手に入れたワインボトルやミニチュアカーなどが並ぶ。

 裕次郎記念館にも年に4回以上は足を運んだ。足しげく通ったことで、館長の浅野謙治郎さんとも交友が生まれ、閉館の時には感謝の思いを込めて花束を贈った。

 有田さんがマンホールに目を付けたのは、記念館が取り壊し作業中だった2018年5月。何か思い出に残る物はないかと足元を見ると、ヨットの絵と裕次郎の名前が刻まれたマンホールがあった。

 すぐに欲しくなり小樽市水道局に連絡したが、「石原プロ(石原プロモーション)の物だから」と断られた。そこで有田さんは、石原プロ所属で館長だった浅野さんの許可をもらい、その後、土地所有者らからも承諾を得た。承諾取り付けの際は、札幌に住む有田さんの弟の米澤智嗣さん(65)の協力も得た。

 取り外し工事などを終え、自宅に届いたのは6月下旬。3カ月かけて自分の手で磨き続け、加工してテーブルに仕上げた。「閉館は寂しかったが、記念館の思い出の一つが家にあってうれしい」と話す。

 このマンホールを個人で所有しているのは有田さんだけ。「亡くなってからもこんなに愛される人は他にいない。毎日このテーブルで書き物をすると、夢や元気がもらえる」と目を輝かせている。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...