北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「裕次郎」マンホール机に 有田さん思い結実【帯広】

「毎日眺めては元気をもらっています」。マンホールに手を置き、いとおしそうに話す有田さん

 帯広市内の有田みよ子さん(75)の自宅に、重さ約100キロのテーブルがある。小樽市の「石原裕次郎記念館」(2017年8月閉館)の敷地内にあったマンホールを有田さんが譲り受け、加工した後、テーブルとして使っている。ファンとして60年以上、石原裕次郎に心を寄せてきた有田さんの“究極のグッズ”となり、毎日元気をもらっている。

 昭和を代表する俳優・裕次郎との出会いは有田さんが中学生の頃。主演映画「俺は待ってるぜ」を見て一気にとりこになった。以来、出演作品や楽曲には欠かさず触れ、のめり込んだ。「“どこが”というよりも全てが好き。そこに理屈はない」と熱く語る。

 グッズ収集はしていなかった有田さんだが、1987年に裕次郎が亡くなり、思い出を手元に残したいと集めるようになった。裕次郎最後のファンサービスとも言われた、東京・国立競技場での二十三回忌にも足を運んだ。現在自宅には、イベントで手に入れたワインボトルやミニチュアカーなどが並ぶ。

 裕次郎記念館にも年に4回以上は足を運んだ。足しげく通ったことで、館長の浅野謙治郎さんとも交友が生まれ、閉館の時には感謝の思いを込めて花束を贈った。

 有田さんがマンホールに目を付けたのは、記念館が取り壊し作業中だった2018年5月。何か思い出に残る物はないかと足元を見ると、ヨットの絵と裕次郎の名前が刻まれたマンホールがあった。

 すぐに欲しくなり小樽市水道局に連絡したが、「石原プロ(石原プロモーション)の物だから」と断られた。そこで有田さんは、石原プロ所属で館長だった浅野さんの許可をもらい、その後、土地所有者らからも承諾を得た。承諾取り付けの際は、札幌に住む有田さんの弟の米澤智嗣さん(65)の協力も得た。

 取り外し工事などを終え、自宅に届いたのは6月下旬。3カ月かけて自分の手で磨き続け、加工してテーブルに仕上げた。「閉館は寂しかったが、記念館の思い出の一つが家にあってうれしい」と話す。

 このマンホールを個人で所有しているのは有田さんだけ。「亡くなってからもこんなに愛される人は他にいない。毎日このテーブルで書き物をすると、夢や元気がもらえる」と目を輝かせている。

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...