北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ごう音響かせ、実弾射撃 国内最大の冬季訓練-陸自第7師団

敵陣地目掛けて実弾射撃する90式戦車を小型無人飛行機ドローンで撮影=12日、北海道大演習場島松地区

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は11~19日、総合戦闘射撃訓練を恵庭市の北海道大演習場島松地区(以下北大演)で行っている。12日に第7偵察隊(東千歳)の訓練を報道公開し、90式戦車がごう音を響かせて実弾射撃を繰り広げた。

 第7師団は戦車部隊を中心にした陸自唯一の機甲師団で、同訓練は国内最大の冬季射撃訓練。師団指揮下の戦車連隊、普通科連隊を中心に、各職種が連携しながら敵陣地を攻撃する訓練を通して、火力の組織化など能力向上を図っている。

 今年度は9日間の訓練期間中、第7偵察隊をはじめ、第71戦車連隊(北千歳)、第73戦車連隊(南恵庭)、第11普通科連隊(東千歳)の隊員約1800人、車両約500両が参加する計画。12日の報道公開は第7偵察隊の隊員約50人、車両16両が参加した。

 距離約3キロにわたる北大演の射撃場で、第7偵察隊が敵陣地を威力偵察。軽雪上車や87式偵察警戒車がまず射撃場に入り、敵陣地の状況を把握した上、90式戦車4両が敵陣地に実弾を浴びせた。「ドン」というごう音に大きな火炎、新雪を巻き上げるように一直線に進む砲弾など、迫力満点の訓練を展開した。

 今年は例年以上に緊張感あふれる想定にしたのが特徴。攻撃目標の標的は無作為で登場し、標的を長時間見つけられなかったり、不用意に標的の正面に出たりするたびに、攻撃側も損害を被るシナリオで、攻撃側の90式戦車が戦闘不能と見なされる場面も。同師団司令部は「年度当初から積み重ねた訓練の集大成。各部隊が与えられた状況に応じて戦闘行動している」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...