北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

仮設店舗の建設工事が始まった=厚真町京町

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされた事業者の復旧・復興を支援する。

 各町が建設を始めた仮設店舗はプレハブまたは木造の平屋建てで、それぞれの町に1棟ずつ整備する。1棟に店舗スペースを複数用意し、玄関、事務室、キッチン、トイレ、エアコンを完備。二重窓や断熱材などで寒冷地仕様とした。入居する各店に原則3年間、無償で利用してもらう。

 厚真町は京町の商工会敷地内で着工し、建設費4800万円。面積150平方メートルの建物内にカフェ兼ヨガ、卸売業、整体院、アロマリンパセラピー店の4事業者が入居する。町産業経済課は「被災し営業活動が制限されている事業者や、移住者で起業している人がこの町で頑張れるよう支援したい」と話す。町商工会は「仮設店舗が復興推進のシンボルになれば」と期待を寄せる。

 安平町は菓子店、司法書士事務所、新聞販売店の3事業者が入り、早来大町の商工会隣接地に同150平方メートルの建物を整備する。建設費は5200万円。むかわ町では松風に同260平方メートルの建物を5000万円かけて建設する。家具店、電器店、新聞販売店兼たい焼き屋の3事業者が店を構える。

 仮設店舗の建設費は町が工事会社へ支払った後、中小企業基盤整備機構が全額補助するため、町の負担はない。各町とも契約が終了した3年後でも、入居延長など柔軟に対応する方針という。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...