北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。

 静内産米は、農産物の地産池消の代表格として地域住民に親しまれている「万馬券」(しずない農協ブランド米ななつぼし)や、平成29年の「日胆地区新米ゆめぴりかコンテスト」で金賞を受賞するなど、年々評価が向上している。

 良食味生産技術を駆使して新たな特産品づくりができないかと、しずない農協と観光協会、静内稲作振興会、新ひだか町商工会、新ひだか町、日高農業改良普及センター、静内軽種馬振興会、新ひだか町料飲店組合、同旅館組合が新ひだか町地酒づくり協議会を設立し、地酒づくりに取り組むことにした。

 昨年、静内豊畑の農業法人・豊穂(日蔭由昭代表)の水田35㌃で酒造好適米「彗星」を栽培して21俵分(1・26㌧)を収穫し、醸造を空知管内新十津川町の老舗酒造会社・金摘酒造に委託。

 3月から約2000本(純米吟醸、1本720㍉㍑)を出荷する予定になっている。

 取り組みの一環として地酒の名称を募集したところ、89点(重複含む)の応募があり、15日に観光協会で佐藤会長や西村和夫しずない農協組合長ら12人による選考会が行われ、町内の匿名希望の男性(52)から「広大な太平洋と大地の桜を組み合わせ、出航する船をイメージ」した海桜丸に決まった。

 選考に関わったしずない農協の丹野潤一営農次長は「新ひだか町には馬と桜と海もある。町の観光キャッチフレーズである『優駿桜国』には海が入っていないので、海もイメージすることができるのでは、ということが決め手になった」と話している。

 今後は、3月にお披露目も兼ねた試飲会なども開催する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...