北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

テレビで共同記者発表の様子を見守る河田副理事長と宮谷内支部長=写真右から

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間の交渉も行い、交渉をさらに前進させるよう指示した。また、北方四島での共同経済活動の早期実現のため、共同作業を着実かつ迅速に進展させるよう事務方に指示することを確認。元島民のための人道的措置として、夏にも航空機墓参を実施することで一致した。

 安倍首相とプーチン大統領の通算25回目となる会談は一対一の会談を約50分、少人数会合を約1時間、拡大会合兼夕食会を約1時間10分、計3時間にわたり行われた。

 会談では、平和条約締結問題について先週14日に第1回目の交渉を行った両外相の報告を聞き、シンガポールでの合意を踏まえた具体的な交渉が開始され、率直かつ真剣な議論が行われたことを歓迎。2月に開催予定のミュンヘン安保会議の際に外相間の交渉のほか、首脳特別代表間の交渉も行い、交渉をさらに前進させるよう指示した。

 会議終了後に共同発表が行われ、安倍首相は平和条約問題について「プーチン大統領とじっくり時間をかけて話し合った」とし、「相互に受け入れ可能な解決策を見いだすための共同作業を私とプーチン大統領のリーダーシップの下で進めていく決意を確認した」と述べた。

 共同発表を受け、千島会館で千島歯舞諸島居住者連盟の河田弘登志副理事長(84)と宮谷内亮一根室支部長(76)が会見を行った。河田副理事長は「もう少し何か具体的なものが出てくるかなと期待したが、領土問題についてはほとんど触れられなかった。一人でも多く元島民が残っているうちに、何とか平和条約を結んで領土問題を解決することを願っている」と話した。

 宮谷内支部長は「具体的な目新しいものがなかったのは残念。6月の日本での首脳会談では平和条約の枠組みについて具体的な成果を出してほしい」とし、夏の航空機墓参の実施については「航空機墓参は3年目になるが、継続するのは歓迎したいが、国後、択捉と同じ場所に行っているので、もっと創意工夫が必要なのかなと思っている」と考えを述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス