北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

認定書を受け取った船場代表理事組合長(左から2人目)、春木社長(同3人目)ら

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値を高めるとともに、生産のAI・IT化を進める。道経済産業局と道農政事務所が農商工等連携促進法に基づき「農商工等連携事業計画」として認定しており、その認定式が22日、森町役場で開かれた。

 同社はこれまで、住宅の梁(はり)などに使用する強度が高い集成材を輸入品に頼っていたが、仕入れ価格が乱高下し、調達が安定しないことから国産の材料を模索。高強度が特長の同組合のカラマツ材に着目した。同組合もさらに価値を高めブランド化を目指しており、両者の思惑が合致した。

 同社は新年度から八雲町の集成材工場で開発を始める。道総合研究機構林産試験場(旭川)から技術指導を受けるほか、製造工程の中でAI・IT化できる部分を洗い出し、公立はこだて未来大と共にソフトを開発予定。また、最も人員を割くプレカット材の検品工程でAI技術を活用した画像判定技術を導入し省力化を図る。

 プレミアム集成材はJAS規格を満たす。また、両者は国内の林業団体が定める「SGEC森林認証」を取得しているため、東京五輪関連施設などにも使用できるという。工務店やハウスメーカー、設計事務所などに販売し、5年間でみると同社が約1億6000万円、同組合は約6200万円の増収を見込んでいる。

 式には、後志、渡島の両総合振興局や森町などの関係者約30人が出席。連携を支援する中小機構北海道の戸田直隆本部長は「地域資源のブランド化や生産性向上へ期待が大きい」とあいさつした。

 認定書を受け取った春木社長は「羊蹄周辺のカラマツ材を貼り合わせたプレミアム集成材は、輸入品以上の強度を誇る。販路拡大が今後の課題」、船場代表理事組合長は「強度は林産試験場のお墨付きを得ている。少しでも地域経済に貢献できれば」と述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...