北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

認定書を受け取った船場代表理事組合長(左から2人目)、春木社長(同3人目)ら

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値を高めるとともに、生産のAI・IT化を進める。道経済産業局と道農政事務所が農商工等連携促進法に基づき「農商工等連携事業計画」として認定しており、その認定式が22日、森町役場で開かれた。

 同社はこれまで、住宅の梁(はり)などに使用する強度が高い集成材を輸入品に頼っていたが、仕入れ価格が乱高下し、調達が安定しないことから国産の材料を模索。高強度が特長の同組合のカラマツ材に着目した。同組合もさらに価値を高めブランド化を目指しており、両者の思惑が合致した。

 同社は新年度から八雲町の集成材工場で開発を始める。道総合研究機構林産試験場(旭川)から技術指導を受けるほか、製造工程の中でAI・IT化できる部分を洗い出し、公立はこだて未来大と共にソフトを開発予定。また、最も人員を割くプレカット材の検品工程でAI技術を活用した画像判定技術を導入し省力化を図る。

 プレミアム集成材はJAS規格を満たす。また、両者は国内の林業団体が定める「SGEC森林認証」を取得しているため、東京五輪関連施設などにも使用できるという。工務店やハウスメーカー、設計事務所などに販売し、5年間でみると同社が約1億6000万円、同組合は約6200万円の増収を見込んでいる。

 式には、後志、渡島の両総合振興局や森町などの関係者約30人が出席。連携を支援する中小機構北海道の戸田直隆本部長は「地域資源のブランド化や生産性向上へ期待が大きい」とあいさつした。

 認定書を受け取った春木社長は「羊蹄周辺のカラマツ材を貼り合わせたプレミアム集成材は、輸入品以上の強度を誇る。販路拡大が今後の課題」、船場代表理事組合長は「強度は林産試験場のお墨付きを得ている。少しでも地域経済に貢献できれば」と述べた。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...