北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「食」テーマ、アイデア続々 科学祭キックオフイベント【函館】

今年の科学祭のアイデアを出し合う参加者

 今年夏に開かれる「はこだて国際科学祭2019」のキックオフイベントが26日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。「食」がテーマの今年の科学祭について、参加者が取り上げたい話題やアイデアを出し合った。

 科学祭を主催する「サイエンス・サポート函館」(代表・美馬のゆり公立はこだて未来大教授)が、市民と共に今年の活動を具体化させようと開催し、約50人が集まった。

 昨年の科学祭の様子を撮影した動画や主催団体を紹介。美馬代表は、生肉の細胞から増やす「培養肉」や調理ロボットなどの技術の進歩に触れ、「不思議に感じて、どうしてなのかを知り、どうするか行動するのが大事。自分をバージョンアップするため、子どもだけでなく大人にも参加してほしい」と呼び掛けた。

 後半はワークショップ形式で参加者がアイデアを出し、「災害時の食」や調理を科学的に分析する「分子ガストロノミー」を取り上げる提案があった。また、「自然や天然であることが本当に安全な食なのか」「ゲノム編集や培養肉など倫理的な議論がある技術を、人々が知る機会が必要では」などといった意見も出た。

 科学祭は今年で11回目。7月中旬からのプレイベントを経て、8月17日~25日に開催する予定。

関連記事

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...

根室新聞

高齢運転者の免許返納支援 タクシー券交付 最大3カ年へ【根室】

 根室市は、運転免許証を自主返納した高齢者にタクシー乗車券を交付する高齢者運転免許証自主返納支援事業の一部を見直し、タクシー乗車券の交付を最大3カ年とすることを明らかにした。年間30人の見込みで予算化...

日高報知新聞

「津波は必ずくる」【えりも】

【えりも】住民同士の交流やつながりを作る場として活動を続けているカフェデモンク(代表・佐野俊也法光寺住職)と、町内に多機能型居宅介護施設「いろり」を3月1日から開設した医療法人・薪水(川村敏明...

日高報知新聞

選挙になるかは微妙【平取】

【平取】町選挙管理委員会(遠藤裕昭委員長)は19日、役場2階議場で町議会議員選挙立候補予定者説明会を開いた。同選挙(定数12)は4月16日告示、同21日投開票。  説明会には現職8人と新人2人の計10人の...

十勝毎日新聞

ロケット事業化23年目標 大樹IST【東京】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹町、稲川貴大社長)は19日、都内で開いた事業戦略発表会で、人工衛星軌道投入ロケット「ZERO(ゼロ)」初号機の打ち上げ目標を、2023年と明言した。宇宙...