北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「食」テーマ、アイデア続々 科学祭キックオフイベント【函館】

今年の科学祭のアイデアを出し合う参加者

 今年夏に開かれる「はこだて国際科学祭2019」のキックオフイベントが26日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。「食」がテーマの今年の科学祭について、参加者が取り上げたい話題やアイデアを出し合った。

 科学祭を主催する「サイエンス・サポート函館」(代表・美馬のゆり公立はこだて未来大教授)が、市民と共に今年の活動を具体化させようと開催し、約50人が集まった。

 昨年の科学祭の様子を撮影した動画や主催団体を紹介。美馬代表は、生肉の細胞から増やす「培養肉」や調理ロボットなどの技術の進歩に触れ、「不思議に感じて、どうしてなのかを知り、どうするか行動するのが大事。自分をバージョンアップするため、子どもだけでなく大人にも参加してほしい」と呼び掛けた。

 後半はワークショップ形式で参加者がアイデアを出し、「災害時の食」や調理を科学的に分析する「分子ガストロノミー」を取り上げる提案があった。また、「自然や天然であることが本当に安全な食なのか」「ゲノム編集や培養肉など倫理的な議論がある技術を、人々が知る機会が必要では」などといった意見も出た。

 科学祭は今年で11回目。7月中旬からのプレイベントを経て、8月17日~25日に開催する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...