北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

選手団続々釧路入り/冬季国体あす開幕

本番に向け最終調整に励む群馬県成年チームの選手たち

 「北国の 雪と氷に 刻む夢」をスローガンに、第74回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」がいよいよあす30日開幕する。すでに各都道府県の選手団が続々釧路入りしており、28日にはアイスホッケーの公式練習が始まり選手たちが臨戦態勢に入ったほか、市実行委員会による準備作業もほぼ終了するなど、あとは開幕を待つばかり。きょう29日は代表者会議や監督会議などの公式行事が予定され、大会ムードも本番を迎える。

 30日からの競技本番に備え、出場する43都道府県 の選手団は26日から徐々に釧路市入り。この日からアイスホッケーは2競技会場で公式練習がスタートし、地元北海道代表をはじめ、鹿児島、沖縄、栃木、長野などの少年・成年チームが汗を流した。このうち、日本製紙アイスアリーナでは群馬県の成年チームが最終調整。勝敗のポイントとなるパワープレーでの戦術確認など、45分間みっちりと汗を流した。

 チームは昨年12月の関東ブロック予選で茨城や千葉、山梨を退け、東京、神奈川、埼玉、栃木という強豪と並んで3年ぶりの出場権を得た。高橋巧監督は「故郷でプレーしたいという気持ちが強かったのか、釧路勢たちの目の色が違った」と気迫でつかんだ切符だったと振り返り、「まずは初戦突破を目指す」と語る。釧路でのプレーは前回国体以来9年ぶりというFW伊藤主将(34)は「とても懐かしく感じてプレーした」と語るとともに、「釧路勢は気合が入っている。若手とベテランのバランスも良いので、今回はベスト8を目指したい」と抱負を語った。

 また、スピードスケート競技の選手たちも来釧しており、29日からの公式練習を前に、この日は一般滑走に交じって調整に励む姿が多く見られた。

関連記事

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...

室蘭民報

「広報のぼりべつ」の表紙写真が道コンクールで入選【登別】

 登別市の広報誌「広報のぼりべつ」2018年11月号の表紙を飾った写真が、第65回北海道広報コンクールの一枚写真・市町村の部に入選した。雨の中、元気いっぱい走る子どもたちがたすきをつなぐ瞬間を...