北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

低圧水素配送システム実証事業が本格稼働【室蘭】

「低圧水素配送システム実証事業」の水素製造設備を見学する開所式出席者ら

 風力発電の電力で製造した水素を低圧状態で運び、温浴施設の燃料電池を使い電力として利用する「低圧水素配送システム実証事業」の開所式が30日、室蘭市中央町の室蘭プリンスホテルで開かれた。再生可能エネルギーを利用した水素の製造から貯蔵、輸送、供給、利用までの水素サプライチェーン構築に向けた事業が本格稼働した。

 同事業は環境省の2018年度(平成30年度)「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択。大成建設を代表事業者に日本製鋼所、室蘭市、室蘭工業大学、九州大学、巴商会、北弘電社の7事業者が参画する。

 祝津の風力発電所で発生した電力から水素を製造し、車載型コンテナに積んだ日鋼製の水素吸蔵合金(MH)タンクに充填(じゅうてん)。コンテナごと2トントラックで絵鞆町にある「むろらん温泉ゆらら」に運搬し、定置型MHタンクに移して純水素型燃料電池で発生した電気と温水をゆららで使用する。

 MHタンクは、金属に吸着する水素の特性を利用し、高い圧力や熱がなくても大量の水素が貯蔵できる。法の規制を受けない低圧状態で水素の安全な配送が可能だ。車載タンクから定置型タンクへ水素を移すのに必要な熱は、水素吸収時に発生する熱やゆららの未利用熱も使い「熱のカスケード利用」でエネルギーの効率化も図る。

 約1年かけてデータを収集し、システムの効率的な運用方法を研究し、将来的に建物や住宅街でも安全に扱える水素エネルギーの普及促進につなげる狙い。

 同ホテルで行われた開所式には約50人が出席。大成建設の高浜信一郎エンジニアリング本部長は「東京オリンピックを契機に水素社会は一気に加速する。室蘭の事業を世界に発信していきたい」と意気込み、事業関係者らのテープカットで実証スタートを祝った。その後、出席者らは祝津の水素製造設備などを見学した。

関連記事

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...