北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

低圧水素配送システム実証事業が本格稼働【室蘭】

「低圧水素配送システム実証事業」の水素製造設備を見学する開所式出席者ら

 風力発電の電力で製造した水素を低圧状態で運び、温浴施設の燃料電池を使い電力として利用する「低圧水素配送システム実証事業」の開所式が30日、室蘭市中央町の室蘭プリンスホテルで開かれた。再生可能エネルギーを利用した水素の製造から貯蔵、輸送、供給、利用までの水素サプライチェーン構築に向けた事業が本格稼働した。

 同事業は環境省の2018年度(平成30年度)「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択。大成建設を代表事業者に日本製鋼所、室蘭市、室蘭工業大学、九州大学、巴商会、北弘電社の7事業者が参画する。

 祝津の風力発電所で発生した電力から水素を製造し、車載型コンテナに積んだ日鋼製の水素吸蔵合金(MH)タンクに充填(じゅうてん)。コンテナごと2トントラックで絵鞆町にある「むろらん温泉ゆらら」に運搬し、定置型MHタンクに移して純水素型燃料電池で発生した電気と温水をゆららで使用する。

 MHタンクは、金属に吸着する水素の特性を利用し、高い圧力や熱がなくても大量の水素が貯蔵できる。法の規制を受けない低圧状態で水素の安全な配送が可能だ。車載タンクから定置型タンクへ水素を移すのに必要な熱は、水素吸収時に発生する熱やゆららの未利用熱も使い「熱のカスケード利用」でエネルギーの効率化も図る。

 約1年かけてデータを収集し、システムの効率的な運用方法を研究し、将来的に建物や住宅街でも安全に扱える水素エネルギーの普及促進につなげる狙い。

 同ホテルで行われた開所式には約50人が出席。大成建設の高浜信一郎エンジニアリング本部長は「東京オリンピックを契機に水素社会は一気に加速する。室蘭の事業を世界に発信していきたい」と意気込み、事業関係者らのテープカットで実証スタートを祝った。その後、出席者らは祝津の水素製造設備などを見学した。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...