北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

小型イカ釣り漁船維持へ支援策を検討 工藤市長定例会見【函館】

会見する工藤市長

 函館市の工藤寿樹市長は30日の定例記者会見で、函館沿岸の小型イカ釣り漁船を維持・継続するための新たな支援策を検討するよう担当部に指示したことを明らかにした。4月の市長選後の政策予算に盛り込む考えで、具体的な制度設計を詰める。また、市長はスルメイカ以外の原料を使った新商品の開発、製造機械などの導入・改修を補助する経費を、新年度当初予算案に計上したことも明らかにした。

 市長は函館にとって新鮮なイカの確保が重要との認識を示す一方、近海での不漁が続き、観光客や市民の口に入りづらい状況になっていると指摘。「沿岸の小型イカ釣り漁船は、他の漁船と違って明かりをものすごい使い、燃費の消耗が激しい。赤字覚悟で出漁するわけにいかないから、イカが来ていても大漁の見込みがないと出漁しない。後継者もいなくなる」と指摘。「加工業者だけではなく、小型イカ釣り漁船に対する維持策を市として考える時期に来ている」と強調した。

 市長は「まだ中身は固まっていないが、さまざまな支援策を考えるよう言っている。普通の漁船に比べると、集魚灯があるだけに非常に燃費が掛かるというのがイカ釣り漁船の特殊性だと理解している」と述べるにとどめた。魚種転換への支援は今年度に創設し、継続予算となる。

 市農林水産部によると、市水産物地方卸売市場での生鮮スルメイカの取扱量(昨年6月~今年1月20日)は838トン(1キロ平均単価697円)で、前年同期(1622トン、647円)を大きく下回っている。漁期は31日まで。

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス