北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

幌別西小5年生が道内初スポーツ義足体験授業【登別】

スポーツ用義足を装着してマットの上を歩く子どもたち

 東京オリンピック・パラリンピック公認教育プログラムの一環であるスポーツ義足体験授業が30日、道内で初めて登別市幌別西小学校(神谷博達校長)で行われた。5年生約60人が実技と座学を通じて誰もが快適に暮らせる社会づくりの必要性を学んだ。

 東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部など主催。全国の小学校などでスポーツ義足の体験やパラアスリートとの交流の場を提供している。29日時点で全国144校、1万220人の児童が体験しており、道内では幌別西小が初開催。ホストタウンに登録している自治体に参加を呼び掛けており、総合的な学習の一環で毎年障害のある人との交流を進めている同校が選ばれた。

 全国障害者スポーツ大会で優勝経験があり、道内民間会社に勤めている田中聡さんらが講師を務めた。歩行、スポーツ用の義足の違いなどを学んだ後、子どもたちは実際にスポーツ用義足を装着。運動用マットの上を歩いたり跳んだりして感触を確かめた。徐々に慣れてくると、走ってみたりとこつをつかんだ様子。

 小田島理央君は「思った以上に難しいです。義足を身に着けることが大変なことが分かりました」と話した。

 体験はクラスごとに行い、座学は2クラス合同で行った。子どもたちは義足を装着した感想を発表したほか、障がいの有無などにかかわらず全ての人が使用しやすいように物事を考えるユニバーサルデザインについても学んだ。神谷校長は「全ての人が夢や希望を持ち、多くの人たちの理解・協力を得ていることや、支える技術が進歩していることを知るきっかけになってほしいですね」と話した。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...