北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞の記事一覧

名寄新聞

下川町と吉本興業の連携事業始動【下川】

 下川町と吉本興業が、SDGs(持続可能な開発目標)推進の包括連結協定のもと、オリジナル吉本新喜劇「しもかわ森喜劇」と、品川ヒロシさん(吉本のお笑いコンビ・品川庄司)脚本・監督の下川町を舞台に...

名寄新聞

社会起業大が「学びツアー」・実践者から生の声聞く【下川】

 東京都内の社会起業大学が主催の「仲間を増やす、SDGs(世界共通の持続可能な開発目標)活用法を学ぶツアー」が、8、9の両日に下川町で開かれた。  社会起業大学は2009年、国内最初の社会起...

名寄新聞

「スノーボール」が咲き誇る【名寄】

 名寄市日進地区のなよろ健康の森「森と水辺のゾーン」では、球状にたくさんの花を付ける「スノーボール」が美しく咲き、訪れる人の目を楽しませている。花を世話する市内在住の水間政光さんによると「天候...

名寄新聞

豊かな自然を体感して・リバーウオークの提供スタート【下川】

 NPO法人しもかわ観光協会(石谷英人会長)が、1日から新観光プログラム「リバーウオーク」をスタート。専門ガイドが安全を確保しながら、豊かな自然の中、渓流を案内している。  イベント形式では...

名寄新聞

41人が結束して札幌販売実習・下川商高3年【下川】

 下川商業高校3年生41人の販売実習が、5月30日に丸井今井札幌本店前で行われた。2006年度以降では最も多い生徒数で挑み、一人一人に寄り添ったきめ細やかな接客を展開した結果、例年以上の売り上げを...

名寄新聞

今年は美深から中川まで57キロ・7月14、15日にダウンザテッシ【美深】

 天塩川カヌーツーリング大会「ダウン・ザ・テッシ‐オ‐ペッ2019」が、7月14、15の両日、びふかアイランドから中川町・誉大橋まで(57キロ)の天塩川で開かれる。6月1日から参加者の募集も開始する。 ...

名寄新聞

「草原の中の書斎」に・民宿「青い星通信社」オープン【美深】

 美深町紋穂内(JR紋穂内駅付近)に民宿「青い星通信社」が、1日からオープンする。廃屋をリノベーションし、室内外は石れんがの造りが特徴となっており、民宿を経営する星野智之さん(56)は「キャッチ...

名寄新聞

光の帯のように移動・アメリカ人工衛星群を撮影【名寄】

 なよろ市立天文台「きたすばる」職員の渡辺文健さんは26日、アメリカの民間ロケット会社「スペースX社」が打ち上げた人工衛星「スターリンク衛星群」が、名寄上空を通過する模様を動画撮影することに成功...

名寄新聞

直売は飛ぶような売れ行き・なよろアスパラまつり【名寄】

 「2019なよろアスパラまつり」が26日に「よろーな」駐車場で開かれた。会場には、今が旬のアスパラ販売をはじめ、市内をはじめ上川管内のアスパラを使ったご当地グルメ屋台が並ぶとともに、大食い大会...

名寄新聞

運動会で1番目指す!・高校生が教える陸上競技教室【名寄】

 名寄高校陸上競技部(三浦航大主将、部員27人)の「高校生が教える陸上競技教室~運動会で一番をめざそう!~」が18日に同校グラウンドで開かれ、小学生たちが速く走るための練習などを体験。多彩なプログ...

名寄新聞

「万里長城祭」にぎわう【下川】

 築城33年万里長城祭が同実行委員会(石谷英人実行委員長)主催で19日に町内西町の万里長城特設会場で開かれた。  晴天に恵まれ、多くの人が来場。並べられた大型コンロを囲み、焼き肉を楽しむ人でにぎ...

名寄新聞

星空眺めて疲れ癒やして・26日に「春眠プラ寝たリウム」【名寄】

 「春眠プラ寝たリウム」が、26日になよろ市立天文台「きたすばる」で行われる。  毎年11月23日の「勤労感謝の日」に合わせて実施している寝るためのプラネタリウム「プラ寝たリウム」の派生イベントと...

名寄新聞

下川商業高校で「うどん教室」【下川】

 下川商業高校(澤田信夫校長)の3年生が、黒米を練り込んだ手延べうどんを開発。これを味わってもらおうと15日、同校に下川小学校(堀内隆功校長)の5年生を招き、「うどん教室」を開催した。  同高校...

名寄新聞

19日に万里長城祭開催・焼き肉、お笑い、演奏など多彩【下川】

 築城33年を迎える「万里長城祭」は、同実行委員会(石谷英人委員長)主催で、19日午前10時半から午後2時半まで桜ヶ丘公園特設会場で開かれる。  万里長城は、町民手づくりの観光資源開発を目指そう―と草地...

名寄新聞

移住誘致でグランプリ・情報発信や企画に成果【下川】

 地域の人と地域に行きたい人をつなぐ、インターネットの移住スカウトサービス「SMOUT」(スマウト)で、下川町がスカウトと交流を評価され、2018年度のグランプリと5部門受賞を果たした。  ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10