北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2018年10月」の記事一覧

室蘭民報

食育レストラン・Eスプーンで麹の魅力学ぶ【伊達】

 日本古来の発酵食品である麹(こうじ)を老舗の造り酒屋に学ぶ観光企画が20日、伊達市梅本町のだて歴史の杜食育センターの食育レストラン・Eスプーンであった。健康や美容に関心が高い市内外の女性16人...

室蘭民報

室蘭言泉学園が被災地支援、継続派遣望む声多く【室蘭】

 胆振地方でグループホームなどの福祉施設を運営する室蘭市母恋北町の室蘭言泉学園(菅野登一郎理事長)。胆振東部地震の被災地(厚真町、安平町)支援のため、継続的に職員を派遣している。これまでの派遣人...

室蘭民報

坂の魅力カレンダーに、市と工大写真部の制作進む【室蘭】

 室蘭市と室蘭工業大学写真部(山本奈央部長)は、2019年のカレンダー制作に取り組んでいる。室蘭市内の「坂」を題材に写真を撮り、まちの魅力を伝える“作品”完成を目指している。  市と同大の連携事...

室蘭民報

秋の味覚に笑顔、日鋼記念病院で炭火焼きサンマに栗ご飯【室蘭】

 旬の食材を味わってもらおうと、日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)の緩和ケア病棟で19日、「秋の味覚を楽しむ会」が開かれた。入院患者や家族がサンマやきのこ汁など旬の味を堪能した。  痛みや不安を和ら...

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...

釧路新聞

秋サケつかみに悪戦苦闘/昆布森みなとまつり【釧路町】

 地元の新鮮な魚介類を楽しめる第30回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が21日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが多数訪れ、食と催しを堪能した。  恒例の秋サケつ...

函館新聞

「昇平丸」海底調査を開始 上ノ国で150年前に沈没【上ノ国】

 【上ノ国】1870(明治3)年に町大安在浜沖で座礁し沈没した、薩摩藩が建造した洋式軍艦「昇平丸(しょうへいまる)」の海底調査が20日、始まった。初日は文化庁が委託した調査チームが音波探査機を使...

函館新聞

野外劇の魅力たっぷり 2019年版カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は、2019年版のカレンダーを制作した。今夏の第31回公演「星の城、明日に輝け」から名シーンをピックアップ。キャッチコピーの「野外劇を見...

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...