北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2021年02月」の記事一覧

十勝毎日新聞

4月移植へ ビート苗作り始動【中札内】

 管内の農家で砂糖原料のビートの苗作りが始まっている。ハウス内で生育した後、4月中旬ごろに畑に移植する。畑に直接種をまく「直播(ちょくはん)」に比べ労力がかかるが、風害に強く安定生産できるメリ...

十勝毎日新聞

五輪選手どう育てた? 出身3選手の両親語る【幕別】

 東京五輪マウンテンバイク競技日本代表の山本幸平選手ら幕別町出身の夏季オリンピアン3人の両親によるトークショー(幕別町、同町教委主催)が26日、町百年記念ホールで開かれた。選手の幼少時代や、親とし...

函館新聞

函館出身機動救難士重金さん 100キロ行軍を完遂【函館】

 海上保安庁函館航空基地(函館市赤坂町)の新人機動救難士、重金勇作さん(28)が25日、新任隊員の訓練の総仕上げとして24時間以内で100キロを歩く「100キロ行軍」に臨んだ。森町砂原から雪の降...

函館新聞

ブドウ育てた大農高3年生に贈り物 1日から販売のワイン【北斗】

 【北斗、七飯】七飯町のワイン製造販売会社「はこだてわいん」(上藤城11、佐藤恭介社長)は3月1日から、大野農業高校(野村博之校長)の生徒が育てたブドウを原料に商品化したワイン「ほくとの大地から...

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

岬緑化の映画製作に出資【えりも】

【えりも】町は26日、2021年度予算案を発表した。5月に町長選挙があるため政策事業の一部を除く骨格予算の編成で、一般会計は前年度当初比5・0%増の54億1000万円、国民健康保険など6特別会計を合わ...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...

室蘭民報

港北地区と協定締結、災害時に1次避難所設置 市が自主防災下支え【室蘭】

 室蘭市と港北地区にある同地区連合町会自主防災会(須田貞文会長)、港北町会(同)、柏木町会(佐藤貢会長)、蘭北小学校(村山修平校長)、港北中学校(笹森恭之校長)の6者は25日、災害発生時における...

室蘭民報

七崎、道内3冠達成 スノボ女子アルペン、東明中2年【室蘭】

全国へ「迷いない」  スノーボード女子アルペンで、室蘭市東明中2年・七崎凛帆(シグネーチャー)が、スラロームとジャイアントスラロームの道内2大会3レースを制す好成績を収めた。全国切符を獲得し、...

室蘭民報

輸入雑貨やアウトドア店営む3姉妹、新ブランド立ち上げ 第1弾、香り付きキャ..

 昨年11月に新ブランド「The Three Sisters(スリーシスターズ)」が誕生した。「人生をより豊かに明日を楽しく生きるための製品づくり」がコンセプト。第1弾としてフレグランスキャンド...

室蘭民報

イオン伊逹店にオープン、日胆初進出 美唄焼き鳥・惣菜「炎」【伊逹】

 居酒屋チェーン「炭火居酒屋 炎」などを全国で展開する伸和ホールディングス(札幌市西区、佐々木稔之代表取締役)はイオン伊達店(伊達市末永町)内に美唄焼き鳥・惣菜「炎」をオープンさせた。胆振、日高...

室蘭民報

絶品あっさりスープ、鰹だしかおる中華蕎麦 1日から発売、望月製麺所【登別】

 望月製麺所(本社登別市新栄町、望月一延代表取締役社長)は、道産小麦「ゆめちから」を用いた新商品「鰹だしかおる中華蕎麦」を、3月1日から発売する。あっさりとした味わいが特徴のスープは、細切りスト...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス