北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2021年02月」の記事一覧

日高報知新聞

大学生らがアイヌ文化体験【平取】

【平取】町主催のアイヌ文化に理解を深める講座「大地連携ワークショップ~風の谷のトウ」に、全国の大学生・大学院生ら45人が15日から4泊5日の日程で、町内でアイヌ文化の古式舞踊、木彫り、伝統料理づくりと...

日高報知新聞

古家健治さんへ紺綬褒章【新ひだか】

【新ひだか】町へ多額の奨学資金を寄贈した静内柏台の古家健治さん(75)に18日、自宅で大野克之町長が紺綬褒章を伝達した。  公益のため多額の私財を寄付した人には、国から紺綬褒章を贈り顕彰する。  ...

十勝毎日新聞

「牛肉巻きごはん」新名物に レシピ考案コン【清水】

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過...

十勝毎日新聞

揺れても町の震度なぜ出ない? 震度計が引っ越し中【芽室】

 福島や宮城で震度6強を観測した13日深夜の地震では、十勝管内も広い範囲で揺れを感じた。帯広や音更は震度3、清水も震度2を観測。しかし、それらに近い芽室は震度が記録されなかった。「芽室町も揺れたの...

十勝毎日新聞

「保護猫活動に関心を」 芽室の坂本さん写真展【帯広】

 きょう2月22日は、猫の鳴き声「ニャン」と数字の2の語呂合わせにちなんだ「猫の日」。野良猫の保護活動や里親探しを知ってもらおうと、芽室町在住の道職員坂本真介さん(42)が市内の写真工房(西1...

函館新聞

元日本代表の三浦さん、函館にフットサルスクール開校へ

 フットサル元日本代表の三浦拓さん(28)=函館出身=が4月、函館に小学生向けの「セーブスフットサルスクール函館校」を開校する。「フットサルはボールに触る回数が多く、判断スピードや足元の技術が培...

函館新聞

漁師のこと知って 漁業者が自ら販売する初のマルシェ【函館】

 函館の若手漁師が捕れたての函館産魚介類を直接販売するイベント「ハコダテフィッシャーマンズマルシェ」が21日、シエスタハコダテ(函館市本町)屋外テラスで初めて開かれた。新型コロナウイルスの感染拡...

釧路新聞

釧根管内で初「バレルサウナ」導入【鶴居】

  簡易宿泊施設「マナミキャビン」(雪裡原野)はめて丸いたる型の「バレルサウナ」を導入した。施設に隣接して設置し屋外に水風呂やデッキチェアなども備えており、板真奈美オーナー(61)は「大自然の中で...

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

十勝ハーブ牛のホルモン 通販へ ノベルズ食品がCF【上士幌】

 畜産業のノベルズグループのノベルズ食品(上士幌町、西尾康宏代表)は、十勝ハーブ牛のホルモンの通信販売に向け、クラウドファンディングhttps://wwwmakuakecom/project/nobelsgroup/?from=keywordsearch&key...

十勝毎日新聞

コロナ 老舗に迫る決断 親子3代「君乃湯」幕【帯広】

 帯広市内の君乃湯温泉(西5南32、佐藤ツセさん経営)は3月末で営業を終え、54年の歴史に幕を閉じる。佐藤さん(92)は夫の君夫さん(故人)亡き後も息子と孫の3世代で湯を守ってきたが、コロナ禍によ...

函館新聞

函館空港に海鮮丼など提供するHAKOYAがオープン【函館】

 函館空港国内線ターミナルビルに16日、海鮮丼などを提供する「HAKOYA(ハコヤ)」がオープンした。はこだて自由市場の鮮魚販売・カネカ神垣商店を経営するカネカ(松風町、神垣修二社長)が運営。建...

函館新聞

函館市電利用者、1月は前年同月比45%減/影響根深く【函館】

 函館市電の1月の乗客数は前年同期比45%減の24万9000人(速報値)だった。例年だとイベントや買い物などで市民需要があるが、新型コロナウイルス感染拡大による出控えも多く、首都圏などの緊急事態...

苫小牧民報

環境美化協力に感謝 「ありがとう袋」配布 家庭ごみ排出に利用可能 苫小牧市

苫小牧市は今月、ごみ減量や環境美化に積極的に取り組む個人、団体に、有料指定ごみ袋として使える「ありがとう袋」を配布する事業を始めた。市民の家庭ごみ排出で、最も利用が多い20リットル用のごみ袋。市公...

苫小牧民報

行者にんにく味噌×キャラメル ご当地ポップコーン人気! 白老

白老町で商品化された「行者にんにく味噌(みそ)キャラメルポップコーン」が人気を呼んでいる。町内で自社ブランドの商品開発を手掛ける林啓介さん(39)が企画し販売している菓子で、月平均で150個ほど売...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス