北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞の記事一覧

日高報知新聞

最後の奨学資金寄付【新ひだか】

【新ひだか】町アサヒビール協力会(鳥谷末雄会長)は17日夜、奨学資金として町に10万円を寄付した。  この日は、町公民館で最後のチャリティーとなる「第60回アサヒビアパーティー」を開催。同会では昭...

日高報知新聞

空き店舗をにぎわい拠点に【浦河】

 浦河町の若手集団「浦河リノベ部」(上埜友介部長、部員8人)は、空き店舗だった大通4の旧三好畳店の改装を手掛けた「シェアスペース・tatamiya(たたみや)」で18日、オープニングイベントを開...

日高報知新聞

好天続きで早く開花【日高】

【日高】町内緑町の岡和田則顕(おかわだ・のりあき)さん(86)洋子さん(83)夫妻の前庭で、今年もシバザクラが見ごろを迎えた。  元農業の岡和田さん夫妻が数十年も手入れしている前庭のシバザクラは...

日高報知新聞

今年は豊作を期待し【新ひだか】

【新ひだか】水がぬるむ春本番を迎え、米どころの静内豊畑地区で17日から田植えが始まった。初夏の天候不順で昨年の道内や日高の作柄は9年ぶりに不良となった。日高地方も作況指数が平年値の100を下回る9...

日高報知新聞

花を育てて心豊かに【浦河】

 浦河青年会議所=浦河JC=(武田宗務理事長、会員12人)は15日、浦河小と荻伏小の1、2年生を対象に、花を育てることで友情や心の豊かさを育んでもらう「花いっぱい運動」を行った。  浦河JCが2...

日高報知新聞

交通安全誓い種まき【新ひだか】

【新ひだか】静内幼稚園(松井伸樹園長、園児117人)で14日、「ひまわりの絆プロジェクト」が園庭で行われ、年長組31人が交通事故がなくなるように願いを込めたひまわりの種を植えた。春の全国交通安全運...

日高報知新聞

博物館クラブが入団式【浦河】

 浦河町文化財少年団「博物館クラブ」の入団式が12日、町総合文化会館で行われ、小学3年生から中学2年生まで47人が入団して一年間の体験学習をスタートさせた。  文化財少年団は昭和41年、町内の発掘...

日高報知新聞

用水路は危険な場所

 田植えのシーズンを迎え、各地で農業用水路の通水が始まった。日高振興局や各町の土地改良区では「用水路は子どもにとって大変危険な場所」とし、子どもに水路に近づかない、周囲で遊ばない、遊んでいたら...

日高報知新聞

さまにウニまつり【様似】

【様似】春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」は、19日午前10時から午後1時半まで、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれる。前浜で採れた新鮮な殻付きウニや海産物を網の上で焼き、海の味覚を堪...

日高報知新聞

アイヌ文化にふれる旅

 日本旅行のツアー企画「平田進也の楽笑旅 北海道日高でアイヌ文化にふれる旅」が12~14日の日程で、関西方面から21人が参加して平取、浦河、様似3町を巡った。  ツアーは、全国的に「ナニワのカリス...

日高報知新聞

「新法はまだ道なかば」【新ひだか】

【新ひだか】日高地区アイヌ協会連合会(会長・菊地修二様似アイヌ協会長、会員634人)の本年度総会が12日、町公民館で開かれ、新年度の事業計画などを承認。昨年の総会で加盟した日高アイヌ協会からの役員2...

日高報知新聞

大自然の中を春の散策【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】草を食むサラブレッドやまだ花が残るサクラを見ながら50㌔、25㌔を歩く「第12回優駿と桜ロード☆ウォーキング大会」(実行委主催)が12日、新ひだか、新冠両町で開かれ、地元や道内各地から12...

日高報知新聞

山菜採りとアイヌ料理【平取】

【平取】イオル再生事業を推進するアイヌ民族文化財団主催の「キナアカラ(山菜採り)」体験交流事業が11日、二風谷地区のイオルの森周辺で開かれ、札幌からやってきた親子を含む町内外の74人がピクニック気分で...

日高報知新聞

入館者が10万人を達成【様似】

【様似】平成25年春にリニューアルオープンしたアポイ岳ジオパークビジターセンターの入館者が11日に10万人を達成した。この日、様似生まれで現在は札幌市に住み帰省していた親子が来館10万人目となり、坂下一幸...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日【えりも】

【えりも】2日で「交通事故死ゼロ日数1000日」を達成した町に9日、松浦英則日高振興局長から感謝状が贈られた。  平成28年8月6日から令和元年5月2日までの1000日間に、町内での交通事故死...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10