北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報の記事一覧

室蘭民報

日ハム整備計画の対象に市少年野球場が選ばれる【室蘭】

来春から工事本格化  北海道日本ハムファイターズが進める道内の少年野球場の整備支援計画「ダイヤモンド・ブラッシュプロジェクト」の対象に、室蘭市少年野球場(神代町)が選ばれた。老朽化が激しく、利用...

室蘭民報

防災意識高揚へ、9月に全市一斉避難訓練を実施【登別】

 登別市と市連合町内会(中川信市会長)は、来年の市制施行50周年記念事業の一環で、全市一斉避難訓練を実施する考えを明らかにした。開催日は防災月間である9月12日を予定している。23日に幸町のクリン...

室蘭民報

多忙一年、職員に感謝―菊谷市長が仕事納めのあいさつ【伊達】

 伊達市の菊谷秀吉市長は27日、仕事納めのあいさつをした。伊達150年を迎えた2019年を振り返り花火ショーや記念式典、各種事業に触れ「大きな節目を祝うことができた」と感謝を口にした。市役所の開...

室蘭民報

青山市長が3選、蒸気機関車移設…市政この一年【室蘭】

 室蘭市政の2019年は、青山剛市長3期目のかじ取りに注目が集まった。旧絵鞆小やだんパラスキー場の存廃論議に関係者は揺れた。SL移設やマイナス入札が話題を集めた。一方で来春からの水道料金の値上げが...

室蘭民報

冬休み企画で廃材使って時計作ろう【室蘭】

5、12、19日開催  室蘭市中央町1・1・18の廃材で遊べる雑貨店「ハンドメードショップぴんくのパんだ」で1月5、12、19の3日間、冬休み工作「時計を作ろう」が行われる。菅原佳奈枝店長は「子ども...

室蘭民報

市議会議員協議会、宮蘭フェリー航路連絡調整会議設置へ【室蘭】

早ければ来月開催  室蘭市議会(小田中稔議長)は27日、市役所で議員協議会を開き、宮蘭フェリーの宮古寄港休止問題について協議した。鈴木崇弘副市長は、岩手県が主体となり年明け、川崎近海汽船、室蘭市、...

室蘭民報

入江競技場、可能性と課題(下)【室蘭】

リアルタイムカメラ関心高まる 合宿誘致に一役  入江陸上競技場の練習環境をアピールしようと室蘭市体育協会が導入した「リアルタイムカメラ」が関心を集めている。河川の水位の変化や工事の進捗(しんち...

室蘭民報

入江競技場、可能性と課題(上)【室蘭】

 聖火リレーの到着予定地に選ばれた室蘭市入江運動公園陸上競技場(入江競技場)。かつてはコンサドーレ札幌(当時)のホームゲームを開催するなど存在感があった。トラックの改修など困難を乗り越え、再び光が...

室蘭民報

当たれ、紙幣つかみ取り…大町商店会で買い物客が運試し【室蘭】

 室蘭市中央町の大町商店会(平林滋明会長)は26日、歳末恒例の現金つかみ取り抽選会を蘭西ギャラリーで実施した。参加者が「大当たり」を狙って紙幣をわしづかみにすると、関係者から歓声が上がった。 ...

室蘭民報

宮蘭一丸「航路継続を」―川近本社訪問し両市長ら要望【東京】

 室蘭市の青山剛市長は26日、東京都千代田区の川崎近海汽船本社を訪問し、来年3月末で宮古港の寄港休止を発表した室蘭港と岩手県宮古港を結ぶ定期フェリー「宮蘭航路」の運航継続を要望した。  同社は...

室蘭民報

待ちに待った滑り初め、サンライバスキー場がオープン【登別】

大阪・泉佐野の小中学生も満喫  カルルス温泉サンライバスキー場(登別市カルルス町、佐藤義雄支配人)が26日、今シーズンのオープンを迎えた。早速ファンが訪れて、今季の滑り初めを満喫していた。  ...

室蘭民報

「迎春」カラフルに、アレンジフラワー作り【室蘭】

 「令和初の正月を華やかに迎えよう」-と、室蘭・母恋南町町会婦人部(澁谷雅子部長)が25日、母恋南町会館でアレンジフラワー作りに挑戦した。  講師は1級フラワー装飾技能士の資格を持つ花のよしお...

室蘭民報

観光入り込みが国際情勢の影響などで11万人減【登別】

外国人宿泊客数、20万人割り込む  登別市は26日、2019年度上期(4~9月)の観光入り込みをまとめた。日韓関係をはじめ国際情勢の影響などがあり、前年同期比10万9843人減の188万7292人だ...

室蘭民報

室蘭土産送れます、道の駅みたらでゆうパックの取り扱い開始【室蘭】

 室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭(三浦広志館長)は今月からゆうパックの取り扱いを開始。同施設で販売している地場産品などの全国発送が可能となった。  売店スペースにセルフ梱包(こんぽう)コーナー...

室蘭民報

来年の目標「交」、鈴木知事が年末インタビュー【札幌】

新・交流時代幕開けの年に  鈴木直道知事は26日、室蘭民報社など道政記者クラブ加盟社の年末インタビューに応じた。来年の目標を「交」と示し「2020年(令和2年)を北海道新・交流時代の幕開けの年と...

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12