北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報の記事一覧

室蘭民報

福富さん、拠点を登別に 室蘭出身、都内で工場経営【室蘭】

ものづくり 多彩な分野で  室蘭市出身で、今は東京都内で各種試作品、実験装置の設計・開発を行う善大工業を経営する福富善大さん(40)が、登別市での拠点化を目指して奔走している。室蘭工業大学大学院...

室蘭民報

19日から誘客キャンペーン第1弾、クーポン券配布 登別国際観光協会【登別】

コロナ疲れ癒そう  新型コロナウイルスからの客足回復に向けた、登別国際観光コンベンション協会(唐神昌子会長)の誘客キャンペーン第1弾が19日から始まる。市民を対象に、宿泊施設や土産店などで使用で...

室蘭民報

ピンバッジ今年もぜひ 各共同募金委が製作、寄付金付き【伊達・洞爺湖・豊浦】

500円で1個プレゼント  伊達、洞爺湖、豊浦の各共同募金委員会は、今年も寄付金付きピンバッジを製作した。500円の寄付につき、1個プレゼントする。材料費などを差し引いた金額が赤い羽根共同募金に寄付さ...

室蘭民報

道道沿いに心潤う1200株、小橋内町会が花植え【室蘭】

 室蘭・小橋内町会(羽立秀光会長)が7日、町内の花植えを行い、多くの住民らが行き交う道路や町会館を色鮮やかに飾った。  用意した花はマリーゴールド、サルビア、ベゴニアなど1200株。集まった約...

室蘭民報

日鋼記念病院の人間ドッグ受診者限定ランチに20年度版が登場【室蘭】

隠し味もプレミアム…  室蘭・日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)の人間ドック受診者限定・プレミアムランチに、「2020年度版」の提供が始まった。「品数豊富で控えめカロリー」「適切な塩分」「不可欠な栄養...

室蘭民報

地域食堂ゆめみ~るが店内飲食禁止を月末まで延期【登別】

テークアウト注文呼び掛け  新型コロナウイルス感染予防のため、登別市幌別町の地域食堂ゆめみ~る(對馬敬子理事長)は6月末まで、店内飲食の休止期間を延期し、テークアウト弁当の提供を月末まで続ける。...

室蘭民報

1カ月半遅れのさわやかな汗、ウォーキング協会がすこやかウオーク開催【室蘭】

 室蘭ウォーキング協会(吉田均会長)主催のすこやかウオーク「新緑の鷲別川源流」が7日、室蘭市内で開催され、約50人がさわやかな汗を流した。  例年ゴールデンウイークに行われる人気イベントだが、...

室蘭民報

ネットで商品販売 「いちご豚肉まつり」中止【豊浦】

実施委「来年につなげたい」  本年度、新型コロナウイルス感染防止のため、中止となった豊浦町いちご豚肉まつり。主催者の同実施委は、楽しみにしているファンのために-と、インターネットでイベントの紹介...

室蘭民報

筋力取り戻そう、体操動画を15日から配信 日鋼記念病院【室蘭】

 室蘭・日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)は、自宅で行える簡単な体操を理学療法士が紹介する動画の制作を進めている。動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に5月開設したチャンネルで15日から配...

室蘭民報

9日間に短縮 市内小中学校の「夏休み」【登別】

冬は8日間  登別市教委は、臨時休校による子どもたちの学習の遅れを取り戻すため、市内小中学校の夏季休業を8月8~16日の9日間に短縮することを決めた。  市内各校では臨時休校で授業日数約25日分...

室蘭民報

唾液PCR検査、室蘭保健所など全道でスタート【道内】

 鈴木直道知事は5日、唾液によるPCR検査を、室蘭保健所など全道11カ所でスタートさせたと発表した。鈴木知事は「医療従事者、検査を受ける人にとっては負担が軽減される」と述べた。  道によると、1...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス