北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

ニュース一覧

十勝毎日新聞

「感謝の気持ちでいっぱい」 市国際交流員ネイさん帰国【帯広】

 帯広市の国際交流員で、中国・遼寧省瀋陽市出身の寧文顔(ネイ・ブンガン)さん(28)は7日で任期を終え、帰国する。2018年に就任してから3年間、帯広と中国の友好親善を中心に国際交流事業に携わった...

釧路新聞

『鮭(さけ)の聖地の物語』普及啓発に力【標津】

  文化庁の「日本遺産」に昨年認定された「『鮭(さけ)の聖地の物語』~根室海峡一万年の道程~」について、根室管内4市町の連携協議会「鮭の聖地メナシネットワーク」(代表・山崎佳標津町教育長)は5日、...

函館新聞

ギョーザとカレーの「みよしの」、函館に宅配専門店出店【函館】

 札幌近郊でギョーザとカレーの店「みよしの」などを運営するテンフードサービス(札幌)は近く、「みよしの」の宅配専門店を函館市内に初出店する。今月中のオープンを目指し、3月25日に市内の一部地域でサ...

函館新聞

なないろ・ななえが総合2位 じゃらん「道の駅ランキング」【七飯】

 【七飯】旅行情報誌「北海道じゃらん」が企画した「道の駅ランキング2021」で、道内128カ所の中から道の駅「なないろ・ななえ」が総合2位に輝いた。トップの道の駅「かみしほろ」(十勝管内上士幌町...

苫小牧民報

むかわ竜ミニレプリカ完成 5分の1で手軽に持ち運び

むかわ町穂別地区で発見されたハドロサウルス科の恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)のミニレプリカがこのほど完成した。既存の大型レプリカより手軽に持ち運びができることから教育現場など...

苫小牧民報

環境負荷の少ない船舶 入港料15%を減免 苫小牧港管理組合 今月から

苫小牧港管理組合は今月から、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(Nx)など大気汚染物質の排出が少ない船舶を対象に、苫小牧港への入港料の15%減免を始めた。環境負荷の少ない船舶の入港を促進し、港湾地域...

苫小牧民報

夢に向かって挑戦 苫駒大から改称 北洋大入学式 1期生31人でスタート

苫小牧市内唯一の4年制大学で今月、苫小牧駒沢大学から校名を変更した北洋大学(錦西町)の入学式が4日、同大学であった。国際社会でも活躍できる人材の育成を柱に新たなスタートを切り、1期生31人(転入生...

室蘭民報

咲き誇る「春」 ビオトープ・イタンキ【室蘭】

 室蘭市みゆき町のビオトープ・イタンキで、春を告げる野草が咲き始めている。管理するNPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭(大西勲理事長)では、11日に今季最初の活動となる清掃活動を予定している。 ...

室蘭民報

6カ月ぶり、交流楽しむ 八丁平サロン明朗【室蘭】

 室蘭市八丁平の地域サロン・八丁平サロン明朗(上野正春代表)が4日、6カ月ぶりに八丁平中央町会館で活動を再開し、参加者が交流を楽しんだ。  近隣住民20人が参加。新型コロナウイルス感染症対策で...

室蘭民報

サロン再開は「20」 コロナ禍、静観が多く【室蘭】

 室蘭市内の各地域を拠点に高齢者や住民の交流の場を設け、閉じこもり防止や生きがいづくりに取り組む地域サロン活動。市内では50団体が事務局の室蘭市社会福祉協議会に登録している。コロナ禍で活動を休止...

室蘭民報

めざせ事故死ゼロ、あすから春の交通安全運動 パレードや街頭啓発【室蘭】

 2021年(令和3年)の「春の全国交通安全運動」が6~15日、全国一斉に行われる。室蘭市交通安全推進協議会(会長・青山剛市長)では、「めざせ交通事故死0(ゼロ)への挑戦」をスローガンに、車両パ...

十勝毎日新聞

トランポリン8人合格 「フーニ」の障害者向け教室【幕別】

 十勝総合型スポーツクラブ「フーニ」(幕別町札内共栄町172、稗田道也クラブマネジャー)の障害者向け教室「ポレポレクラス」の8人が、トランポリンの各級のバッジテスト(日本体操協会主催)に合格した。...

十勝毎日新聞

交流つなぐ会報誌 患者団体【十勝】

 新型コロナウイルスが多くの人の生活に影響をもたらし、難病患者も不安な日々を過ごしている。患者同士は交流会などを通して互いに支え合い、病気と向き合っている。新型コロナの感染拡大で、全道集会やバザー...

十勝毎日新聞

合奏と重奏で全国金賞 広陽小リコーダークラブ【帯広】

 帯広広陽小リコーダークラブ(松崎紅愛部長、部員13人=大会当時)が、リコーダーの全国大会「第42回全日本リコーダーコンテスト」(全日本リコーダー教育研究会主催)の重奏と合奏の2部門で金賞に輝いた...

日高報知新聞

樹高16メートル、幹周4・8メートルの「うらかわオバケ桜」初公開へ

 新型コロナウイルスが収束しないため浦河観光協会は主催する今年の「優駿の里浦河桜まつり」を中止としたが、西舎のJRA日高育成牧場敷地の山の中腹にある道内最大級のエゾヤマザクラ「うらかわオバケ桜...

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス