北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

ニュース一覧

函館新聞

フィリピンへのリコーダー400本 西高生が洗浄協力【函館】

 フィリピン・パラワン島エルニド村の小学校に寄贈するための中古リコーダーを集めていた「エルニドリコーダープロジェクト」に400本もの善意が寄せられた。15日には函館西高校(佐藤裕之校長)の...

根室新聞

15日「流氷接岸初日」2年ぶり【根室】

 根室測候所から季節観測業務を引き継いだ根室市と根室市観光協会(小林茂会長)は15日午前9時、流氷接岸初日を発表した。12日から北寄りの風が強く吹き、2年ぶりの接岸となったもので、平年より25日遅く、...

根室新聞

「根室人国記」第三集刊行 郷土と歩む50人を収録【根室】

 郷土根室とともに歩んできた人たちの人間像をレンズを通して表現し、後世に伝える「根室人国記」の第三集が出来上がった。アマチュア写真家サークルのぐるーぷ写楽が刊行した第一、二集の精神を受け継ぎ、...

根室新聞

資料館 寄贈の遺跡出土品など約60点を展示へ【根室】

 市歴史と自然の資料館は、考古学や民俗学に携わる北構保男氏から平成29年度に寄贈のあった考古資料など約60点を16日から常設展示に加える。来館者には図録と、根室印刷の協力で制作したポストカード(3種類...

苫小牧民報

松の湯に北海道警が感謝状 胆振東部地震で来道の警官に銭湯無料開放【苫小牧】

 昨年9月6日の胆振東部地震の応援部隊で道外から駆け付けた警察官に銭湯を無料開放したとして、苫小牧市浜町の銭湯「松の湯」が、道警本部交通部長から感謝状を授与されることになった。同湯を経営する伊藤...

苫小牧民報

27年の感謝を込めて 21日、穂別地球体験館で最後のイベント-むかわ

 胆振東部地震で被害を受けて今月末に閉館することが決まった、むかわ町の穂別地球体験館で21日、最後のイベントが開かれる。同館は「開館から27年間の感謝の気持ちを込めたい」と話している。  同館...

日高報知新聞

トークショーに約400人【日高】

【日高】胆振東部地震で被災した日高地域を元気づける「春一番ぶらぶらぶらりトークショー~日高を元気に」が10日、門別総合町民センターで開かれ、町内外から駆けつけた約400人の観客が爆笑のステージを楽し...

日高報知新聞

レミ選手が成績を報告【浦河】

 浦河町に里帰りしている浦河第二中出身のスピードスケート選手、ウイリアムソン・レミさん(19)=山形中央高―大東文化大=が13日、役場に池田拓町長を訪問し、今シーズンを振り返り、来シーズンの抱負などを語...

名寄新聞

未来のオリンピアンが躍動・ジュニアオリンピックカップ開幕【名寄】

 「JOCジュニアオリンピックカップ2019 全日本ジュニアスキー選手権大会兼全日本小・中学生選抜スキー大会」(ノルディック種目)の各種競技が、15日の小学生クロスカントリー・クラシカルで開幕。1...

十勝毎日新聞

協立病院が改築へ 東京五輪後に具体化【帯広】

 医療法人社団刀圭会(長谷川賢理事長)は2023年までに、運営する協立病院(帯広市西16北1、佐藤幸宏院長)を改築する方針を固めた。現施設は築40年以上が経過し、老朽化が進んでいた。東京五輪(2...

十勝毎日新聞

頬に涙 胸に思い出 中学校一斉に卒業式【十勝】

 十勝管内の全48中学校で15日、卒業式が行われた。卒業生約2900人は卒業証書を受け取り、校舎から巣立った。  帯広第二中学校(辻野裕義校長、生徒273人)の体育館では午前9時半、卒業生92...

十勝毎日新聞

「おじさんハンコ」発売 道の駅の深瀬さんモデル【中札内】

 道内の実在する「おじさん」の顔をデザインした「ご当地 おじさんハンコ」が今月、全道一斉発売された。ゴム製品総合メーカーの「ミツウマ」(小樽市)と大学生が北海道の新しいお土産として考案。中札内村...

室蘭民報

戦争体験記憶継ぐ…町民有志が聞き取り刊行【洞爺湖町】

 戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝え続けている、町民有志の洞爺湖町非核平和のまちづくり実行委員会(木村利正委員長)が、町内の戦争体験者らに聞き取りして「戦後73年 戦争の記録『聴く・語る・伝える』...

函館新聞

札幌延伸「楽しみ広がる」 新幹線開業3周年・高速化で鈴井さんらトーク【北..

 北海道新幹線と道南いさりび鉄道の開業3周年と、16日のダイヤ改正で北海道新幹線・東京―新函館北斗間が初めて4時間を切ることを記念したトークイベントが14日、北斗市総合文化センターかなでーるで開か...

室蘭民報

港の文学館の横田館長が今月で勇退【室蘭】

 室蘭市港の文学館(海岸町)の館長と、同館を運営する市民ボランティア団体・室蘭文学館の会の会長を兼務する横田挺一さん(75)が3月末で勇退する。退任理由は「執筆活動に集中したい」と語る。後任は...

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11