北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

厚真一部で通水開始「飲料としての利用はまだ」

 胆振東部地震で町内全域で断水が続いていた厚真町で新町浄水場が復旧を完了し、13日夜に中心部の本町と新町、京町の一部50戸に通水が始まった。飲料水には使えないが、生活用水として利用でき、町は今後...

苫小牧民報

錦岡の海岸 サケは今後に期待

苫小牧西港(港内全域) マアナゴ 30~60センチ。0~3匹。夜の投げ釣り。餌イソメ、イカ、サンマ。釣果低迷で厳しい。 苫小牧西港(北埠頭) サバ 10~15センチ。30~50匹。サビ...

苫小牧民報

店主ら「やり直したい」 むかわ町鵡川地区商店街に大きな被害

 震度6強を記録したむかわ町では、鵡川地区市街地の商店街で、多くの店が倒壊、半壊するなど大きな被害が出てている。がれき撤去などの作業が進められているが、町並みが変容してしまう懸念もあり、町は復興...

苫小牧民報

「久し振りに会えてうれしい」 安平町内の一部小中学校で授業再開

 地震発生から1週間を迎えた13日、安平町内の一部の小中学校が授業を再開し、児童生徒らが友人との再会に笑顔を見せた。授業を再開したのは追分小、安平小、早来小、追分中で、14日には遠浅小、早来中で...

苫小牧民報

「いらっしゃい」の声戻る 新千歳空港ビル65店舗営業再開

 新千歳空港で13日午前、胆振東部地震の影響で休業していた物販店の一部が営業を再開した。12日に行われた千歳市消防本部による査察で安全が確認された。「いらっしゃいませ」。開店と同時に国内線ターミ...

苫小牧民報

厚真・被災現場ルポ 住宅地で地割れや隆起 震源付近で地殻変動、断層のずれ..

 「こんな地割れや隆起が起きるなんて衝撃だ」。厚真町豊沢の分譲住宅地「ルーラルビレッジ」に暮らす公務員男性は驚いた様子で話した。林間に家が立ち並ぶ自然豊かなこの住宅地では高さ60センチほどの隆起...

苫小牧民報

自衛隊災害派遣、陸自7師団主力に 厚真・安平・むかわの生活再建に全力

 胆振東部地震でライフラインが寸断された厚真、安平、むかわの胆振東部3町で、自衛隊の民生支援が大規模に展開されている。陸自の第7師団(司令部・東千歳駐屯地)が主力になり、給水や給食、入浴、物資輸...

苫小牧民報

断水で酪農に大打撃 厚真や安平で出荷できず生乳破棄も

 地震で断水が続く厚真町や安平町では基幹産業の酪農にも被害が広がり、搾乳機などを洗浄できず衛生面の問題から出荷できず生乳を破棄している牧場もある。  厚真町は約2000戸すべてで断水し、被災し...

苫小牧民報

厚真・土砂災害現場ルポ 自衛隊や消防、警察、24時間懸命の救出活動

 6日午前3時8分ごろ、胆振東部を襲った巨大地震。最大震度7を観測した厚真町では、集落の住民が土砂崩れにのみ込まれた。道内外から集まった自衛隊や消防、警察による24時間体制の懸命な捜索活動で10...

苫小牧民報

白老町に姉妹都市の仙台市が物資支援 飲料水やカセットコンロなど

 胆振東部地震の発生を受け白老町は7日、姉妹都市の仙台市から派遣された職員から飲料水などの支援物資を受け取った。白老を訪れた仙台市危機管理室危機管理課の若生明智危機対策調整担当課長は「被災された...

苫小牧民報

新千歳、国際線が再開 国内線の9割運航回復

 胆振東部地震の影響を受けていた新千歳空港は8日午前、国際線の運航を開始した。国土交通省新千歳空港事務所によると出発と到着の合計で91便を運航する予定で、出発ロビーは多くの旅客でごった返した。国...

苫小牧民報

17人死亡、安否不明8人 厚真町土砂崩れ懸命の捜索続く-胆振東部地震

 6日未明の胆振東部地震で大規模な土砂崩れが発生した厚真町で自衛隊や警察などは8日も、吉野地区や幌内地区などで安否不明となっている住民の捜索活動を続けた。町災害対策本部によると、8日正午現在で死...

苫小牧民報

体操元日本代表・小堀由貴さん 第二の人生で子ども指導-来月教室開講

 かつての体操日本代表が、苫小牧の地で第二の人生をスタートさせる。札幌市出身の小堀由貴さん(40)。10月に苫小牧市内で3歳~小学3年生を対象にした体操教室を開講する。「エアートランポリン」(エ...

苫小牧民報

むかわ竜骨格の全体像明らかに 世界レベルの貴重な標本

 むかわ町穂別地区で約7200万年前(白亜紀後期)の地層から見つかった大型草食恐竜ハドロサウルス科の化石(通称・むかわ竜)について、北海道大学総合博物館と同町穂別博物館は4日、岩石を削って化石を...

苫小牧民報

ヒメマス釣果、歴代2位 前年同期比2.9倍、今季漁期終える-支笏湖

 千歳市と支笏湖漁協は、6月1~8月31日で漁期を終えた市内支笏湖でのヒメマス(支笏湖チップ)釣りの釣獲調査結果をまとめた。今季は、前年同期に比べて約29倍の15万5450匹。現行の調査を開始し...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10