北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞の記事一覧

十勝毎日新聞

ワイン城の一般開放再開 リニューアル以来初【池田】

 一般社団法人いけだワイン城(池田町)は12日から毎週土・日曜と祝日に、新型コロナウイルス対応型のワイナリーツアーを開く。コロナ禍で休止している製造施設内の一般開放をガイド付きで段階的に再開するも...

十勝毎日新聞

流さんコロナ禍の応援歌 11月2年ぶり凱旋公演【音更】

 音更町出身のシンガー・ソングライター流(ながれ)さんが、2年ぶりの凱旋(がいせん)コンサートを11月7日に町文化センター・大ホールで開く。コロナ禍を考慮した人数制限に加え、来町が難しいファン向け...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(9月6日ごろ)

■佐幌川 ▽ニジマス15~35センチ、3~5匹 ▽ヤマメ10~25センチ、5~10匹。中流~下流域 ■札内川 ▽ニジマス20~45センチ、3~5匹。中札内市街周辺 ■然別川 ▽ニジマス15~35センチ...

十勝毎日新聞

世界メディアが報道 企画「コロナな世相」【浦幌】

 浦幌町立博物館で開かれている企画展「『コロナな世相』を語り継ごう」(5月20日~)が、AP通信によって配信され、米国のメディアを中心にニュースとして取り上げられている。新型コロナウイルス感染...

十勝毎日新聞

片山(白樺学園)プロ志望届 最速148キロ右腕【芽室】

 甲子園高校野球交流試合に出場した白樺学園の148キロ右腕・片山楽生(らいく)投手(3年)が7日、日本高野連にプロ志望届を提出した。チームでは通算14本塁打の主砲として活躍し、打者としての評価...

十勝毎日新聞

ウチの猫がモデル 本できたニャ【音更】

 音更町の木村色吹(いぶき)さん(39)=ペンネーム=による児童書「ベランダの秘密基地~しゃべる猫と、家族のカタチ~」が10日、KADOKAWA(東京)から出版される。インターネット上に投稿した小...

十勝毎日新聞

アイヌ古戦場で祈り 「チョマトー沼」慰霊祭【帯広】

 十勝アイヌの古戦場として知られる「チョマトー沼」の慰霊祭が6日、帯広市内のチョマトー公園(西16北1)で行われ、神々への感謝や祈りをささげた。  帯広アイヌ協会(笹村昭義会長)の主催で、米...

十勝毎日新聞

「士ポロ」着て町広めて 「at LOCAL」が製作【士幌】

 道の駅ピア21しほろでショップなどを運営する「at LOCAL」(堀田悠希社長)は、町の歴史や地域性をデザインに取り入れたポロシャツ「士ポロ」などを開発した。広く町民に着用してもらうことで、外へ...

十勝毎日新聞

「SORA」今季開館 新たにガイド配置 大樹町宇宙交流センター【大樹】

 町は5日、町多目的航空公園内の「町宇宙交流センターSORA(そら)」の今季営業を開始した。今年度からガイドが配置され、来場者は航空宇宙関連の展示物についての説明に耳を傾けていた。今季は11月...

十勝毎日新聞

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作【陸別】

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

十勝毎日新聞

三上さん鹿追焼 今年も入選 日本伝統工芸展【鹿追】

 鹿追焼を制作する陶芸家の三上慶耀(本名一正)さん(49)=鹿追町商工観光課陶芸係長=の作品が、第67回日本伝統工芸展で2年連続3回目の入選を果たした。同展は日本最大規模の公募展で、「鹿追焼が...

十勝毎日新聞

動物の事故 記録して 帯畜大特任講師・浅利さん協力呼び掛け【帯広】

 帯広畜産大学の浅利裕伸特任講師(42)は、動物と車両の事故「ロードキル」を防ぐための調査協力を呼び掛けている。いきものコレクションアプリ「バイオーム」に交通事故で死んだ動物を記録し、発生場所...

十勝毎日新聞

「コロナ時代の道しるべ」 自然回帰の観光構築を デスティネーション十勝の..

 北海道・十勝の豊かな自然を舞台にしたアウトドア観光の創造、発信する観光地域づくり法人(DMO)「デスティネーション十勝」(本社東京)の後藤健市社長(61)。コロナ禍で影響を受ける観光産業について「...

十勝毎日新聞

コーヒーで交流 全国初オンラインサロン開設【帯広】

 コーヒー豆の販売を手掛ける「GREEN FIVE COFFEE」(グリーンファイブコーヒー、帯広市)は、オンラインサロン「G5ラウンジhttps://wwwg5marketgreenfivecom/g5loungehtml」を開設した。月...

十勝毎日新聞

復興徐々に 胆振東部地震あす2年【厚真】

 道内で初めての震度7を観測した胆振東部地震の発生から、6日で2年を迎える。1日に同町を訪れると、大規模な土砂崩れが発生した吉野地区は山肌が露出していた斜面がコンクリートで補強され、草木が植え...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10